/

施政方針演説、自民幹事長「新資本主義に決意」 野党は批判

岸田文雄首相による17日の施政方針演説へ与野党から反応が相次いだ。自民党の茂木敏充幹事長は記者会見で「経済の再生が極めて重要で、そのために新しい資本主義を起動していく強い決意が示された」と述べた。

公明党の山口那津男代表は国会内で記者団に、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の前倒しなどを評価した。「臨機応変な対応をとっている」と話した。

立憲民主党の泉健太代表は国会内で記者団に、首相の新型コロナ対策などに触れ「肝心なところに具体策がない」と批判した。在日米軍基地での感染拡大への対応も疑問視した。

日本維新の会の藤田文武幹事長は記者会見で、首相の掲げる「新しい資本主義」について「演説をきいてもよくわからない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン