/

この記事は会員限定です

EV補助金の増額、縦割り行政が発火点

岩井淳哉

[有料会員限定]

山口壮環境相は「いい制度だった」と振り返る。環境省が2021年3月に始めた電気自動車(EV)購入補助は想定を上回るペースで利用があり、期限の年末を待たず11月上旬に80億円の予算が尽きた。

最大80万円の補助は「対抗心から始まった」と環境省幹部は明かす。従来のEV補助は経済産業省の所管で最大40万円だった。額を上積みして違いを出すべく、利用者が家庭の電気を再生可能エネルギーに切り替えることを条件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン