/

この記事は会員限定です

政府、東京などの「まん延防止」19日諮問へ 3週間程度

(更新) [有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用対象の拡大について19日に専門家に諮問する調整に入った。東京や神奈川、千葉、埼玉の首都圏4都県や愛知、岐阜、三重の中部3県などが国への要請を決めたためだ。自治体側からの要請を踏まえ具体的な対象地域を詰める。

政府高官が17日、与党幹部に方針を伝えた。期間は2月11~13日の3連休ごろまでの3週間程度を念頭に置く。政府関係者によると17日時点で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン