/

この記事は会員限定です

自民党、参議院選挙1人区テコ入れ 野党は比例票に照準

国会閉幕後初の週末

[有料会員限定]

通常国会の閉幕後初めての週末となった18日、与野党幹部が参院選(22日公示―7月10日投開票)の支持を呼びかけた。自民党は改選定数1の「1人区」でテコ入れを急ぐ姿勢を鮮明にした。立憲民主党など野党は東京で街頭演説に臨み、比例票の上積みを見据える。

岸田文雄首相(自民党総裁)は同日、山形市で開いた党山形県連の大会に出席した。大会後は県内の市町村の首長を集めた会合に参加した。

首相は「新型コロナウイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン