/

更田氏「規制を不断に見直し」 原発事故判決で談話

東京電力福島第1原子力発電所の事故について国の賠償責任を認めないとした最高裁の判決を受け、原子力規制委員会の更田豊志委員長は17日、「自然の脅威に謙虚に向き合い、新たな知見の収集を怠らず、規制の不断の見直しに努める」とする談話を発表した。事故原発の廃炉作業に関しては「福島の復興に向け、原子力規制の立場から十分な監視や指導を行う」とした。

萩生田光一経済産業相は17日、最高裁の判決について「被災者に寄り添って福島の復興に全力で取り組む。原子力政策に大きな変更はない。安全第一で地元の理解を得られた原発については再稼働を進めたい」と述べた。視察先の東京都八王子市で記者団の取材に答えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン