/

この記事は会員限定です

早期がんの生存率に格差 病院間の比較で質向上

日経実力病院調査 総括編

[有料会員限定]

肺、胃、大腸、乳房、肝臓の5大がんの生存率を分析した日経実力病院調査で、早期がんでも治療の中核となる拠点病院などの間には大きな治療成績の格差があることが分かった。患者の平均年齢が同じでも10ポイント以上の開きがあった。医療の質を向上させるには、データを比較分析したうえで専門家が対策を講じることが必要だ。

調査では、国立がん研究センターが公開している2012~13年にがんと診断・治療したがん診療連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン