/

この記事は会員限定です

住宅省エネ法案提出先送り 政府、25年度義務化は維持

[有料会員限定]

政府は住宅・建築物の省エネルギー対策を強化するための法案について、通常国会への提出を見送る方針だ。夏の参院選を控え、十分な審議日程を確保するのが難しいと与党が判断した。住宅の省エネ化は政府の脱炭素戦略の柱の一つで、2025年度からすべての新築住宅を対象に断熱性能などの省エネ基準を満たすよう義務づける予定だった。

国土交通省は今秋以降に見込まれる臨時国会に法案を提出して、25年度の義務化を引き続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン