/

石綿訴訟、最高裁判決「重く受け止める」 官房長官

記者会見する加藤官房長官(17日、首相官邸)

加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、建設現場でアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けた元建設作業員や遺族らが起こした損害賠償訴訟で、国と企業の責任を認めた最高裁判決を「重く受け止める」と表明した。

対策を検討している与党プロジェクトチーム(PT)の議論を踏まえ「関係省庁で適切に対応したい」と述べた。原告以外の被害者への対応に関し「潜在的な被害者の把握や周知についても、しっかりと検討したい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン