/

この記事は会員限定です

雇調金特例や自立支援金、11月まで延長 緊急事態延長で

[有料会員限定]

政府は17日、緊急事態宣言の延長に伴う企業や家計の支援策を発表した。企業が支払う休業手当を助成する雇用調整助成金の特例措置や低所得世帯を対象とした自立支援金、緊急小口資金の特例貸し付けの申請期限をそれぞれ11月末まで延長する。

雇調金は1人当たりの上限額を原則1日1万3500円、助成率は大企業で最大4分の3、中小企業で同10分の9としている。ただ緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で時短営業に応じる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン