/

この記事は会員限定です

「自粛率」世代差小さく 水野貴之・国立情報学研准教授

コロナと闘う経済学 若手研究者に聞く(2)

[有料会員限定]

――新型コロナウイルスの感染拡大後、平時と比べて住民がどのくらい外出を控えているかを示す「自粛率」を自治体別に公表しています。

「例えば渋谷駅前の人流が(報道で)日々出ているが、近所のスーパーなどへの人出も増えている。渋谷駅前だけ見ていても誰が自粛して誰がしていないかがわからない。感染者がどの地域にいるかを知るためにも、地域ごとに外出自粛の状況を把握する必要があった」

「自粛率の地域差も大きい。日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン