/

「共産と連立考えず」立民・枝野氏

記者団の取材に答える立憲民主党の枝野代表(17日、東京都内)

立憲民主党の枝野幸男代表は17日、次期衆院選後の共産党との連立政権に関して「考えていない」と述べた。「理念が違っている部分がある」と指摘した。有力支持団体の連合の会合に出席後、都内で記者団に答えた。

枝野氏は衆院選に勝利した場合の政権構想を問われて「共有する政策についてパーシャル(部分的)な連携や候補者の一本化に努力したい」と説明した。立民は共産と小選挙区の候補者調整などの協議を進める。

国民民主党の玉木雄一郎代表は同日の記者会見で、共産との連立政権に改めて否定的な考えを示した。安全保障や天皇制へのスタンスの違いに触れ「共産の考えが今のままなら一緒にやるのは難しい」と強調した。

玉木氏は共産が政権に入らないのが国民民主と立民との連立の「必要条件だ」と話した。「連立するなら、もう一段踏み込んだ協議と一致点が必要だ」と、立民との無条件の連立を否定した。基本的な政策の共有へ立民と意見交換する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン