/

この記事は会員限定です

病院の後発薬推奨リスト、作成6%どまり 厚労省調査

(更新) [有料会員限定]

最も有効・安全で経済的な薬の使用方針を決める仕組みについて、既に取り入れている国内の病院が6%にとどまることが厚生労働省の調査で分かった。推奨薬をリスト化した「フォーミュラリー」を定める取り組みだ。ジェネリック医薬品(後発薬)を処方しやすくし、患者の負担や医療費を抑える狙いがあるが、国内導入が進んでいない現状が浮かぶ。

糖尿病や高血圧、アレルギーなどの疾患に対しては、先発薬と同じ有効成分でより安価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン