/

参議院選挙、引退・不出馬は26人 片山虎之助氏ら

7月10日投開票の参院選に改選の参院議員26人が立候補を見送った。自民党の金子原二郎農相や二之湯智防災相の2閣僚も世代交代を理由に出馬しなかった。自民時代に総務相などを歴任した日本維新の会の片山虎之助氏も体調不良で引退を決めた。

閣僚経験者では自民の中川雅治元環境相や立憲民主党の鉢呂吉雄元経済産業相、無所属の渡辺喜美元行政改革相が立候補しなかった。立民の郡司彰前参院副議長も引退する。

政党別では不出馬議員は自民が10人と最も多かった。次いで立民の8人、無所属の3人、公明党の2人、維新、共産党、国民民主党が各1人の順。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となります。ニュースや解説、各党の公約、候補者情報などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン