/

感染拡大「まさに危機的状況」 首相記者会見の要旨

菅義偉首相の記者会見の要旨は次の通り。

【冒頭】

経験のない感染拡大が続いている。全国の新規感染者数が先週末に2万人を超え、まさに危機的な状況にある。保健所の体制や医療提供体制が逼迫し、首都圏を中心に非常に厳しい状況となっている。

要因は感染力が極めて強いとされるインド型(デルタ型)だ。日本でも急速な置き換わりが進み、全く異なる様相をもたらしている。必要な医療を確実に受けられる医療体制を構築する。そのための期間として緊急事態宣言の延長を決定した。

多くの国民の皆様にはこれまでも多大なご苦労をおかけし、心苦しい限りだ。この危機を乗り越えるという強い決意のもとで医療体制の構築、感染防止、ワクチン接種という3つの柱からなる対策を確実に進める。

第1の柱は医療体制の確保だ。急増している自宅で療養される方について自治体や地域の医療機関と連携して必ず連絡が取れるようにする。速やかに酸素投与ができる体制を各地に構築していく。

自治体と協力し、さらに病床の確保を進めていく。軽症者のためのホテル療養も7月以降全国で1700室を追加した。今後も最大限上積みする。重症化リスクを減らす「抗体カクテル療法」は政府として十分な量を確保している。

第2の柱は感染防止対策だ。宣言の地域などにおいてデパートやショッピングモールなどの混雑する場所に自治体と連携して人数制限を呼びかける。

旅行や帰省は控えていただき、日々の買い物といった混雑した場所への外出を半分減らすなど、人流の抑制への協力をお願いする。

テレワークを推進し、昨年春に多くの企業が達成した出勤者7割減をもう一度めざしていただくようお願いする。全国の都道府県と市町村がきめ細かく事業者の支援を実施できるよう3000億円の交付金を新たに配分する。

第3の柱はワクチン接種だ。ワクチンはデルタ型にも高い効果を示している。国民の半数が少なくとも1回の接種を終え、総接種回数は1億1000万回を超えている。

8月末には全国民の半数近くの方が2回の接種をし、9月末には6割近くの方が2回の接種を終え、現在の英国や米国並みに近づく見通しだ。

宣言を解除する前提は国民の命と健康を守れる医療提供体制の確保だ。ワクチンの接種状況や重症者、病床利用率などを分析し、適切に判断する。その先には飲食店の利用や旅行、イベントなど社会経済活動の回復が視野に入ってくる。

【質疑】

――今回の宣言を最後にする覚悟だと述べていたが、延長となった。首相としての政治責任についてどう考えていますか。

国民の命と安全を守り抜くという覚悟のもとに、効果のある対策をやり抜いていくという決意に変わりはない。

――緊急事態宣言を全国に出す可能性はないのでしょうか。

閣僚の間で全国に緊急事態宣言を出す選択肢についても議論した。感染状況や医療体制には差があり、全国となると一部の県には過剰な規制となってしまう。地域ごとに最も効果的な対策をするために今回の判断になった。

――ロックダウン(都市封鎖)を可能にする法整備は必要でしょうか。

諸外国のロックダウンは感染対策の決め手とはならず、結果的に各国ともワクチン接種を進めて日常を取り戻してきていると理解している。新型コロナという非常事態をしっかり検証し、感染症に対する法整備を含め幅広く検討しなければならない。

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長 飲食店に制限をお願いする仕組みはあるが、利用者個人にはお願いベースという方法しかない。

法律的に難しい議論もいろいろあると思うが、個人に感染リスクを避けてもらうことを可能にするような新たな法的な仕組みの構築、現行法の活用も必要だ。法的な仕組みの検討だけは早急に議論していただきたい。

――衆院解散の時期についてどうお考えでしょうか。

最優先すべきは新型コロナ対策だ。選択肢はだんだん少なくなってきているが、その中で行わなければならない。

――アフガニスタン情勢への日本の対応は。

アフガニスタンの安定化と復興が地域および国際社会の平和と安定に引き続き重要だと認識している。邦人の安全確保を最優先に日本の国益を踏まえつつ、米国などの関係国と連携して適切に対応していく。これが日本の考え方だ。

――次期総裁選は出馬して再選を目指すのでしょうか。

時期が来れば、それは当然のことだろうと思うという答えをしている。これに変わりはない。

――新型コロナウイルス感染症を危険度が低く強力な措置を必要としない「5類」に変更する可能性はあるか。

5類はある意味インフルエンザと同じような位置づけになるわけだが、隔離などの感染対策を十分にする必要があると思っている。今回の一連の対応を総括する中で考えていく必要がある。

尾身氏 若い人でも重症化する、後遺症がこれだけ続くというのは明らかにインフルエンザと違う。今の段階で5類に変える必要はない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン