/

自治体へのワクチン供給「9月分、早期に示す」 河野氏

接種率、6割超の見通し

河野太郎規制改革相は18日のNHK番組で、新型コロナウイルスワクチンについて9月分の自治体への供給量を早期に示す考えを示した。自治体が国からの供給量を見通せず予約をキャンセルしたり新規の予約受け付けを停止したりしている。「なるべく早く9月の見込みを示したい」と述べた。

同日のフジテレビ番組では、海外の状況などを踏まえ、国内の接種率が6割を超えるとの見解を示した。「どこの国も接種率が6割くらいで大体横ばいになっている」と語った。上積みには若者の接種率向上を課題に挙げた。

接種を希望する人が減り「9月くらいから、自治体の接種会場も埋まらないという状況になり得る」と指摘した。

菅義偉首相は17日の読売テレビ番組で、ワクチン接種を希望するすべての人への接種完了の目標について「10~11月の早い時期」と表明した。これまで掲げていた「10~11月」からの前倒しに意欲を見せた。河野氏は「なるべく早い時期に打てるように頑張るしかない」と言及した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン