/

首相、感染広がるなら行動制限 「まん延防止」拡大示唆

岸田文雄首相は17日、新型コロナウイルス対策をめぐり「感染が広がるなら行動制限もしっかりと行っていかなければならない」と述べた。緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」の適用地域の拡大を示唆した。自民党の両院議員総会で述べた。

変異型「オミクロン型」に関し「国内対策により力を入れていかなければいけない」と強調した。国民に「安心・安全を感じてもらう」と語った。

濃厚接触者の待機期間をめぐっては「メリハリのきいた対策をしっかり進めていきたい」と触れた。オミクロン型の特性について「感染力が大変強い一方で重症化率は低い」との認識を示した。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン