/

この記事は会員限定です

3回目接種前倒し、円滑配送・打ち手確保が課題に

(更新) [有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスワクチンの3回目接種をめぐり、医療従事者や施設に入所する高齢者らを優先して前倒しを認める。2回目から「原則8カ月以上」としている接種間隔を6カ月後まで早められる。2022年2月以降は前倒しの対象を広げ、一般の高齢者も7カ月後への短縮を認める。前倒しを進めるためにはワクチンの円滑な調達・配送に加えて、自治体などの打ち手の確保も課題となる。

日本では9800万人超が2回目の接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン