/

維新、手当廃止法案を提出 衆参委員長に6千円

日本維新の会は17日、国会開会中は委員会が開催されなくても、衆参両院の常任委員会と特別委員会の委員長に毎日支給される6千円の手当を廃止する法案を衆院に提出した。「身を切る改革」の一環で、手当廃止とは別に特別委の統廃合も主張している。

藤田文武幹事長は「委員長に手当は必要ない。特別委もほとんど開かれていない」と記者団に語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン