/

二階氏、中曽根康隆氏の支持訴え

自民党の二階俊博幹事長は17日、前橋市で二階派の中曽根康隆衆院議員=比例北関東=の後援会会合に出席し、次期衆院選群馬1区での擁立を念頭に支持を呼び掛けた。

「日本のリーダーをつくり上げるために気合を込めてほしい。私どもも党内で力を尽くす」と述べた。群馬1区には現職で細田派の尾身朝子氏が立候補予定で、公認争いが激しくなりそうだ。

二階氏は中曽根氏に関し「群を抜いて将来を嘱望される存在だ」と強調した。同席した二階氏側近の林幹雄幹事長代理も「公認が決まっているなどというのはでたらめだ。強い候補が選挙区で戦うのが道理だ」と主張し、中曽根氏の公認を後押しする考えを示した。

中曽根氏も群馬1区での出馬に重ねて意欲を見せた。

群馬1区を巡っては細田派出身の安倍晋三前首相が6月、前橋市で尾身氏の集会に出席した際、記者団に「尾身氏が公認候補でなくなることはあり得ない」と述べ、二階派をけん制していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン