/

「比例19~21議席目標」、参院選で自民選対委員長

自民党の遠藤利明選対委員長は17日、夏の参院選比例代表で19~21議席を獲得目標とすると明らかにした。

高知市で開かれた党高知県連大会に出席し、2016、19年の参院選で比例は19議席だったと説明した上で「できれば19、20、21と増やしたいとの思いで取り組む」と述べた。

改選数1の山形選挙区で国民民主党現職に配慮して自民候補の擁立を見送る方針に対し、自民内に批判があることに関し、森喜朗元首相や谷垣禎一元総裁から激励を受けたと紹介。「いろいろな意見や批判は十分受け止めながら、しっかり勝ち抜くため努力したい」と訴えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン