/

相違あればGDP再計算の可能性 首相、統計問題巡り

岸田文雄首相は17日の参院予算委員会で、国土交通省の建設工事受注動態統計の書き換えを受けて国内総生産(GDP)を再算出する可能性を指摘した。第三者委員会や総務省の統計委員会の検証を踏まえて「今まで出された統計と違いがあれば(修正値を)示すのは当然ではないか」と話した。

同統計の書き換えはGDPに上振れの影響を及ぼした恐れが指摘される。山際大志郎経済財政・再生相は「正確性を期す。さかのぼって違ってくるものがあれば計算して出し直す」と述べた。

首相は統計の書き換えについて「大変遺憾で深刻に受け止めなければならない」と改めて語った。「誰の指示だったのか経緯なども含めて明らかにしないといけない」とも主張した。国民民主党の足立信也氏への答弁。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸田新政権

岸田文雄政権の最新ニュースをご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン