/

この記事は会員限定です

6G開発、日米で巻き返し 対中国念頭に計4900億円投資

[有料会員限定]

日米両首脳は16日、2030年代の実用化を目指す次世代通信規格「6G」の研究開発に両国で今後計45億ドル(約4900億円)を投じる方針を確認した。半導体などのサプライチェーン(供給網)でも協調することで一致した。

日米両政府は次世代通信を巡り、6Gの研究開発やその基盤となる5Gの普及に向けて米国が25億ドル、日本が20億ドルを投じると共同声明の付属文書に明記した。「安全でオープンなネットワークを推...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン