/

竹島EEZ内で韓国調査船、外相訪韓時に 政府が説明要求

(更新)

外務省は17日の自民党の外交部会などの合同会議で、韓国調査船が9~12日に島根県・竹島(韓国名・独島)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内を航行しているのを確認したと明らかにした。日本政府は外交ルートを通じ、韓国側に説明を求めた。

調査船が航行した10日は林芳正外相が韓国を訪れ、尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏の大統領就任式に出席していた。

韓国政府は「調査について確認できていない」と回答したという。佐藤正久部会長が会議後、記者団に明らかにした。

外務省によると、韓国の石油公社から調査の依頼を受けたノルウェーの船舶が竹島から85キロほどの海域でワイヤを海中に垂らし航行したという。海上保安庁の巡視船が確認し注意喚起した。韓国政府には抗議していない。

松野博一官房長官は17日の記者会見で「当該船舶によるEEZ内における海洋調査の実施の確認には至らず、従来の対応通り現場海域での注意喚起にとどめた」と述べた。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン