/

この記事は会員限定です

かんぽ、郵政の出資比率5割以下へ 届け出で新規業務可に

[有料会員限定]

かんぽ生命保険は17日、日本郵政からの出資比率を50%以下に引き下げるための自社株買いを実施した。日本郵政がこれに応じて保有株の一部を売却し、同社の出資比率は64.48%から50.04%(自社株除く議決権ベース)まで低下した。日本郵政は今後、出資比率を49.9%まで引き下げる。

かんぽ生命は郵政民営化法の規定で、日本郵政の出資比率が50%を下回るまでは新規業務の開始に国の認可がいる。50%を下回れば届け出で済むようにな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン