/

この記事は会員限定です

水素の利活用、経産相経験者で厚み 規制緩和になお余地

永田町政策マップ

[有料会員限定]

「脱炭素化には水素社会への移行・構築が大きな鍵になる」。岸田文雄首相は4月9日、神戸市で水素の実証事業を視察後、記者団に語った。

オーストラリアで採れる「褐炭」から水素をつくり、液化水素として蓄え日本へ運ぶ。各工程で実際に使う水素の品質やコストが成り立ち得るか検証する事業だ。

燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さない水素は「夢の燃料」と呼ばれてきた。自民党が目を向け始めたのは2013年ごろで、トヨタ自動車

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン