/

マイナポイント、6月30日から付与 保険証・口座登録で

電子決済を活用

政府は17日、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるよう登録した人へのポイントの付与を6月30日から始めると発表した。公的給付を受け取る預貯金口座を登録した人も同日からもらえる。ポイントは電子マネーやスマートフォンのQRコード決済で使える。

カード取得者は①健康保険証②公的給付を受け取る預貯金口座、をマイナンバーカードに登録できる。さらに専用のスマホアプリなどを通じて利用する電子決済も登録すればポイントをもらえる。

保険証と口座のそれぞれで登録が確認できた時点で、決済サービスのポイントとしてそれぞれ7500円分をもらえるようになる。両方を登録すれば1万5000円分になる。

マイナンバーカードを9月末までに申請した人がポイントを受け取れる対象者になる。

牧島かれんデジタル相は17日、閣議後の記者会見で「(ポイントなどの促進策を通じて)22年度末までにマイナンバーカードがほぼ全国民に行き渡ることを目指す」と表明した。

政府は既にカードの新規取得者に最大5千円分のポイントを付与している。登録した手段で買い物をしたり現金をチャージしたりした際に得られる。代金の25%が上限額の5000円分までポイントで還元される。

今回の保険証と口座登録も含めれば、最大で計2万円分のポイントを得られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン