/

この記事は会員限定です

首相、処理水放出「先送りできず」 福島第1原発を視察

[有料会員限定]

岸田文雄首相は17日、福島県の東京電力福島第1原子力発電所を就任後初めて視察した。同原発の敷地内にたまる処理水の海洋放出について「先送りできない大変重要な課題だ」と語った。

視察後、同県富岡町で記者団の質問に答えた。「国際原子力機関(IAEA)をはじめとする国際機関の力も借りながら安全性についてできるだけ透明性を持って説明をしていく」と強調した。

原発のリプレース(建て替え)に関しては「まずは再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン