/

この記事は会員限定です

日米首脳「脱炭素で世界リード」 5Gや供給網でも協力

[有料会員限定]

【ワシントン=重田俊介】菅義偉首相とバイデン米大統領は16日の会談で、気候変動や半導体を含むサプライチェーン(供給網)、デジタルなど先端技術の連携で一致した。「日米競争力・強じん性(コア)パートナーシップ」を立ち上げた。首相は共同記者会見で「日米が世界の脱炭素をリードしていくことを確認した」と述べた。

日米は気候変動対策で①地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の実施や2030年の温暖化ガス削減目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日米首脳会談

菅義偉首相とバイデン米大統領の首脳会談に関連するニュースを、こちらでまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン