/

供給量に対する接種率 都道府県別を官邸HPで公開へ

政府は自治体向けの新型コロナウイルスワクチンに関し、都道府県別の供給量に対する接種回数の割合「対供給接種率」を来週から公開する。首相官邸のホームページに掲載する。自治体ごとの未接種分の残量が分かるようにする。

政府は6月末までに自治体向けにファイザー製のワクチンを8800万回分供給した。ワクチン接種記録システム(VRS)に基づく6月末までの接種回数は全国で4800万回となっている。政府は4000万回分程度が未接種分として各地に残っているとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン