/

この記事は会員限定です

石炭火力の支援終了 経産省が恐れる次の要求

新井惇太郎

[有料会員限定]

気候変動への対応が議題となった主要7カ国首脳会議(G7サミット)。温暖化ガスの排出削減対策が講じられていない石炭火力発電について、政府による新規の輸出支援を年内で終了することで合意した。支援継続の姿勢を強く示していた経済産業省はわずか3週間で方針転換に追い込まれた。

「高効率かどうかは観点でない。排出削減対策がどういうものか今後議論する」

梶山弘志経産相は18日の会見でこう述べた。2020年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン