/

この記事は会員限定です

浜岡原発の津波「最大22.5メートル」を議論、規制委

[有料会員限定]

原子力規制委員会は17日、巨大地震の発生時に浜岡原子力発電所(静岡県)に押し寄せる津波の高さは最大22.5㍍という中部電力が提示した想定について議論した。規制委は前提となる計算式をより詳細に検討し、改めてデータを示すよう求めた。

浜岡原発を巡っては、再稼働に向けた安全審査において、巨大地震などで想定される津波の最大の高さが大きな焦点になっている。中部電はこれまでマグニチュード9クラスの地震が発生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン