/

この記事は会員限定です

対ロ及び腰のASEAN、名指し批判せず 日カンボジア声明

武力の即時停止と軍隊撤退は要求

(更新) [有料会員限定]

【プノンペン=三木理恵子、大西智也】岸田文雄首相は20日、東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のカンボジアでフン・セン首相と会談した。発表した共同声明はウクライナ情勢について侵攻したロシアを名指しせず「懸念」の表明にとどめた。国連憲章に反する侵略だとは指摘した。

共同声明はウクライナへの「侵略は国連憲章の重大な違反だ」と明記した。そのうえで「武力行使の即時停止とウクライナ領土からの軍隊の撤退」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン