/

4回目接種へ、ワクチン1億4500万回分を購入 首相表明

(更新)

岸田文雄首相は16日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を想定し計1億4500万回分を追加購入すると表明した。このうち米ファイザー製が7500万回分、米モデルナ製は7000万回分とする。厚生労働省によると年後半に輸入できるめどがたった。

首相は「最新の科学的知見を踏まえて最も適切な時期に接種できるよう必要量を確保する」と述べた。厚労省の専門家会議が月内にも4回目接種の必要性や接種間隔について議論を始める。

首相は治療薬に関し、これまでの650万回分に加え「さらに300万回分を確保する」と明らかにした。米メルクやファイザーの飲み薬、点滴といった中和抗体薬が対象となる。塩野義製薬が承認を申請している飲み薬などの国産治療薬は治験への支援を強化すると語った。

検査体制の強化にも言及した。感染再拡大や経済活動の再開に備え「国が必要な買い上げ保証をし、向こう6カ月間で計3億5000万回分の抗原検査キットなどを確保する」と話した。

ワクチンや治療薬、検査キットなどを確保するため、2021年度の新型コロナ対策予備費から計1兆3500億円を充てる。

首相は記者会見で「この備えは新型コロナの再拡大がなければ結果として無駄に終わるかもしれない」と指摘した。そのうえで「最悪の事態に備える重要性について理解してもらいたい」と呼びかけた。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン