/

この記事は会員限定です

無観客五輪、経済効果1300億円減 しぼむ期待

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックは新型コロナウイルスの感染再拡大で無観客での開催になった。民間エコノミストは経済効果が1300億円ほど縮小すると試算する。大会に伴って感染状況が悪化すれば、景気への逆風が一段と強まる懸念もある。

開催都市の東京都は2017年の時点で直接的な需要増加を1兆9790億円と見込んでいた。このうち新国立競技場のなどの施設整備費3500億円を除く1兆6290億円が開催形式によって左右...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン