/

この記事は会員限定です

自民、参院選公約 憲法改正を「重点項目」明記へ

[有料会員限定]

自民党は夏の参院選の公約で、憲法改正を引き続き「重点項目」に位置づける調整に入った。早期の改憲実現を目指す姿勢を打ち出す。自民党の改憲4項目のうち、9条への自衛隊明記や緊急事態条項の創設を中心に訴える。

新型コロナウイルスの感染拡大やロシアによるウクライナ侵攻などで緊急事態対応や安全保障への関心は高まった。こうした世論を踏まえ、改憲の意義を強調する狙いがある。

「平和主義」など憲法の3つの基本原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン