/

この記事は会員限定です

節電ポイントで需給調整可能? 政府支援で導入促す

電力逼迫の夏2022

(更新) [有料会員限定]

電気は需要と供給が一致しないと停電が起こる。これまでは冷暖房を使うといった需要にあわせてガス火力発電所の出力を高めるなど供給側で調整するのが一般的だった。ここにきて注目されているのが、供給余力がないときに需要を抑えて調整する「デマンドレスポンス(DR)」と呼ばれる仕組みだ。

企業や家庭が電力小売会社からの求めに応じて電気の使用量を減らすと、ポイントをもらえたり、電気代が割引になったりする。企業向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン