/

韓国からの入国待機を不要に コロナ検査陰性なら

(更新)

外務省は16日、韓国からの入国者に対する新型コロナウイルスの水際対策の緩和について発表した。これまで3日間の指定施設での待機を求めていたが、入国時での検査で陰性なら不要にする。3回目のワクチン接種証明書があれば自宅などでの待機も要らなくなる。17日から実施する。

接種証明書がない場合は自宅などでの原則7日間の待機を要求する。入国後3日目以降に検査で陰性となり厚生労働省に届ければ解除される。

韓国への緩和により指定施設での3日間待機を求める国はエジプト、パキスタン、ブルガリア、南アフリカ、ラオス、ロシアの6カ国になった。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン