/

この記事は会員限定です

性犯罪歴の一元管理を 自民、子どもの被害防止で提言

[有料会員限定]

自民党の行政改革推進本部(棚橋泰文本部長)は16日、党本部で役員会を開いた。子どもを狙った性犯罪を未然に防ぐための提言を取りまとめた。政府が性犯罪歴などをデータベースで一元管理し、雇用する教育や保育などの事業者が照会できる制度の新設を求める。

月内にも菅義偉首相に提出する。

過去にわいせつ行為をした人が、子どもと一定時間以上接する機会のある教育や保育の職場に勤めるのを防止する。雇用者側が性犯罪歴を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン