/

原発処理水の海洋放出、賠償の特別チーム設置 経産相

東京電力福島第1原発の敷地内に並ぶ、処理水などを入れるタンク(3月)

梶山弘志経済産業相は16日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出を巡り、風評被害の賠償に向けた特別チームを省内に設けると発表した。賠償は東京電力ホールディングスが担うが、賠償が生じた場合に円滑に進むようにする。

具体的には、影響が懸念される漁業者への賠償の周知や、東電の取り組みの進捗などを点検する。梶山氏は「福島の漁業者のみならず、海域で影響を受けるところにもしっかりと対応したい」と述べた。「漁業者の言い分を理解できるようなチーム」にする考えを示した。早期に立ち上げる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン