/

履歴書の性別記入を任意に、厚労省が様式例を提示

厚生労働省は採用選考で使う履歴書について、性別の記入欄に男女の選択肢がなく記載を任意とする様式例を作成した。出生時の性別と、自認する性別が異なる「トランスジェンダー」の人たちに配慮する狙いがある。

厚労省が作成した履歴書様式例

厚労省が16日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で説明した。労働者側の代表者からは「記載がなかった場合に企業が採用選考から落とさないか懸念もある」などの意見が出た。

様式例は性別欄に「男・女」の選択肢を設けず任意記載とした。「未記載とすることも可能です」とも注記した。

履歴書の表記を巡っては、厚労省はもともと日本規格協会が示していた履歴書の様式例の使用を推奨していた。ただLGBT(性的少数者)支援団体が性別欄の削除などを求めたことから、日本規格協会が様式例自体を削除した経緯がある。

厚労省は全国の労働局を通じて今回の様式例を企業に周知する。法的拘束力はなく様式例の通りにするかは企業が判断できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン