/

この記事は会員限定です

円安下の通貨政策は 榊原英資氏「介入は米国同意せず」

[有料会員限定]

外国為替市場で円安・ドル高が急速に進んでいる。政府・日銀はアジア通貨危機に見舞われた1998年を最後に、円安を阻止する円買い・ドル売りの為替介入を実施していない。その最後の介入から17日でちょうど24年がたつ。当時、財務官だった榊原英資氏と、BNPパリバ証券の河野龍太郎氏に通貨政策のあり方を聞いた。(聞き手は江渕智弘)

榊原氏「円安、日本売りではない」

――今の円安をどうみますか。

「米欧と日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン