/

この記事は会員限定です

自民、国民投票法で保守層へ訴え 衆院選・総裁選前に

首相「改憲への一歩」

[有料会員限定]

憲法改正に必要な手続きを定める国民投票法の改正案が後半国会の争点になってきた。衆院選を控え保守層に訴えたい自民党と、改憲に慎重な野党で対立があるためだ。菅義偉首相も「改憲への第一歩」と位置づけ、自民党総裁選前の今国会での成立に意欲を示している。

「国民の理解は得られている」。20日、自民党本部で開いた憲法改正推進本部。二階俊博幹事長は改正案の早期採決を促した。

出席者からは「早く成立させ改憲の中身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン