/

官房長官「感染状況確認し平時に近づける」 コロナ対策

松野博一官房長官は16日、新型コロナウイルス対策に関し「大型連休後の感染状況を確認し、平時に近づける努力をしていく」と述べた。マスクの着用について「専門家の科学的な意見も伺い検討する」と語った。

松野氏は同日の記者会見で、コロナの感染状況について「新規感染者数は地域によって差が生じている。連休中の人出の増加もあり、今後の動向には注意が必要だ」と説明した。

政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」事業の再開について「感染状況などを見極めつつ、専門家の意見も伺って注意深く検討する」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン