/

この記事は会員限定です

培養肉の普及「万博がターゲット」 自民・中山展宏氏

永田町政策マップ インタビュー

[有料会員限定]
細胞から肉や魚を培養する細胞農業など「フードテック」が注目されている。人口増加に伴う食料危機などを背景に海外で開発競争が進む。自民党の「細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟」で事務局長を務める中山展宏衆院議員に展望や課題を聞いた。

細胞農業は肉や魚などの細胞をアミノ酸といった栄養成分が入った液で培養する生産方法だ。諸外国で持続可能な食の生産体系として注目されている。シンガポールはすでに鶏の培...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン