/

3回目接種は原則8カ月後 厚労相、6カ月後は「例外的」

(更新)

後藤茂之厚生労働相は16日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種の時期について「2回目との間隔は原則8カ月だ」と強調した。自治体の判断次第で6カ月後でも接種が可能となるのは「例外的な対応」だとして「自由に前倒しを認めるものではない」と述べた。

堀内詔子ワクチン相も同日の記者会見で「現在の感染状況などでは自治体が6カ月間隔を前提に準備する必要はない」と言明した。「6カ月は地域の感染状況などを踏まえた例外的な取り扱いになる」と説明した。

後藤氏と堀内氏は同日に首相官邸で岸田文雄首相と会い、こうした方針を確認した。

追加接種は15日、厚労省の専門分科会が12月1日から始める基本方針を了承した。2回目との間隔は原則8カ月以上としたうえで、自治体によって感染状況などを踏まえて6カ月まで短縮できるとの見解も示していた。

クラスター(感染者集団)が発生した地域や、離島で住民に一括接種できるなど特殊な状況を想定する。多くの自治体は「8カ月」の想定で準備を進めていたため、混乱が生じた。厚労省は17日に自治体向けに説明会を開く。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン