/

自衛隊員の2割、ワクチン1回目接種 職場などで

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける自衛隊員(6月29日、佐賀県吉野ケ里町の目達原駐屯地)=防衛省提供・共同

岸信夫防衛相は16日の記者会見で、全自衛隊員の2割にあたる5万人へ1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を終えたと発表した。うち2万人は2回目の接種も済ませた。職場接種などを活用した。

15日時点で全国28カ所の駐屯地や基地を接種会場にしており、順次広げる意向を示した。自民党などから自衛隊員への接種を急ぐべきだとの指摘が出ている。岸氏は「任務に支障が出ることがないよう、速やかに進める」と述べた。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン