/

この記事は会員限定です

診療報酬本体0.43%上げ 22年度改定、全体はマイナスに

(更新) [有料会員限定]

政府は2022年度予算編成で焦点になっていた診療報酬の改定をめぐり、医師らの人件費や技術料にあたる本体部分の引き上げ幅を0.43%とする方向で最終調整に入った。岸田文雄首相が掲げる看護師の賃上げや不妊治療の保険適用拡大に伴う財源を確保する。薬価の抑制で報酬全体はマイナス改定になるが、日本医師会への配慮がにじむ形となった。

19日に鈴木俊一財務相と後藤茂之厚生労働相が首相公邸を訪れ、それぞれ首相と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン