/

取引停止「厳しすぎる」 坂本氏、事前に事務方に伝える

坂本哲志地方創生相は16日の記者会見で、新型コロナウイルス対策で酒類提供を巡り政府が6月に都道府県へ出した通知が「厳しすぎる」と事務方に伝えていたことを明らかにした。事前説明の段階で意見を言ったが、撤回は求めなかったという。

坂本氏が指摘したのは、酒を提供する店との取引停止を酒類販売の事業者に依頼するよう都道府県に求めた6月11日付の通知。坂本氏が所管する内閣府の部署などが手がけた。

通知は販売事業者へ支援金を給付する場合、酒を提供する店との取引停止を要件とするよう都道府県に求めた。関係団体などが反発し、政府は7月14日に通知を廃止した。坂本氏は酒類提供を巡る混乱の責任は「内閣全体にある」と述べた。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン