/

この記事は会員限定です

中小企業、ブランド構築37%どまり 原料高転嫁の壁に

[有料会員限定]

政府が4月に公表する2022年版中小企業白書は、急激な原燃料高を踏まえ、ブランドの構築など無形資産への投資が価格転嫁につながると指摘する。商品や社名の浸透といったブランド構築に取り組む企業が37%にとどまるとの調査結果も示す。国内の中小企業はブランド力が弱く、値上げが進まない要因になっている。

足元ではロシアのウクライナ侵攻による供給不安で原油や穀物の価格が歴史的な水準に高騰している。大手食品メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン