/

科技相「自民PTの意見尊重」 学術会議の組織見直し

井上科技相(右)と面会する塩谷氏ら(16日)

井上信治科学技術相は16日、自民党の日本学術会議のあり方を検討するプロジェクトチーム(PT、塩谷立座長)のメンバーと面会した。自民PT側は「現行の国の組織が最も望ましい」と指摘した学術会議の報告書に疑義を伝えた。井上氏は「意見を尊重する」と答えた。

自民PTは学術会議の組織形態の見直しを求めている。昨年12月にまとめた提言で、学術会議を2023年9月までに政府から独立した新組織に移行するよう促した。独立行政法人や特殊法人にする案を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン